日本産科婦人科学会とは

2019年09月17日
微笑んでいる女性

日本産科婦人科学会とは、1949年に日本婦人科学会と産科婦人科医学会が統合して、日本産科婦人科学会となりました。
ここでは、産婦人科専門医になる為の技能と知識を学べ、専門医認定試験等を行っている学会です。
女性医師を目指す女性を支援しており、より女性医師の発展を目指しています。
この学会が指定する病院の産婦人科の臨床を研修する事ができ、学会が実施する専門医認定試験を受ける事もできます。
研修プログラム等を設けており、学会発表を行なう事で、学会がさだめる単位を得る事ができます。
より優れた医療技術の開発を考え、発展と普及をするべく、日本産科婦人科学会は日々、研究を積み重ねています。
女性医療セミナーも行っており、女性医師のスキルアップさせる事を考え、産婦人科にも力を入れる学会でもあります。

インフルエンザや体外受精についても熱心に研究を重ね、女性の健康な体つくりを考えています。
健康週間を設けており、体と頭、心の3つの女性の健康について活動をしています。
生涯健康手帳を作成しては女性達に配ったり、様々なイベントも行っています。
気軽に一般の方も参加する事ができるイベントに行き、日頃の体の悩み等について語り合う事ができます。

関連記事
トリキュラー購入に必要な費用について

トリキュラーをはじめとする低用量ピルの購入はその使用が避妊目的であろうと、治療目的であろうと医療機関への受診が必須となります。そもそもトリキュラーは日本で処方薬として扱われているため、どうしても購入の際には医師の処方が必要になってくるのです。通常であれば産婦人科や婦人科など、トリキュラーの取り扱いを

2019年09月13日
黄体ホルモン付加リング(避妊リング)について

こどももいるので、今後出産は考えていない人や、しばらく期間を開けたいという方の避妊法として、低用量ピルや子宮内避妊用具などがあります。低用量ピルは手軽ですが、毎日飲む必要があります。子宮内避妊用具(リング)は一度入れると2年から5年は入れたままで大丈夫です。たばこをよく吸う人などはピルの服用ができま

2019年09月21日
トリキュラーによる女性特有のガンへの作用について

トリキュラーの、第1世代は卵胞ホルモンエチニルエストラジオールに合成黄体ホルモンノルエチステロンを配合したもので、第2世代は卵胞ホルモンエチニルエストラジオールに合成黄体ホルモンのノボノルゲストトレルを配合したものです。トリキュラーを月経開始直後に服用すると、少量の卵胞ホルモンが血液中に含まれること

2019年09月12日