医学の進歩とピルの歴史

2019年12月18日
笑顔の女性

医学の進歩とピルの歴史は、経口避妊薬としてのピルに対する個々の考え方の違いから来る論争の歴史とも捉える事が出来ます。
最初のピルが避妊薬としての認可を得るのは1950年のアメリカでの事ですが、ホルモンバランスを変化させるピルの副作用の可能性は当時から指摘されており、避妊において人工中絶とピル服用のどちらを優位と見るかについては専門家の間にも意見が別れるようになりました。
その為、ピルの普及については国によって速度の違いを見せる事になります。
日本はピルの解禁については非常に慎重な姿勢を取った事から強い規制を敷いており、その解禁は1999年まで時を待つ事になります。
この頃、医学の進歩に伴って第3世代と呼ばれるこれまでとは違うホルモンを使用したピルが開発されています。

しかし第3世代のピルについては、それまでの物よりも副作用としての血栓症のリスクが高いとの研究結果が出ます。
後にこの研究は調査内容の問題が指摘された事によって否定されますが、日本においては解禁の時期に跨って重なった事から、現在でも第3世代のピルの販売は製薬会社側の意向もあって見送られています。
つまり現在でも製品販売のラインナップにおいて、論争の名残を見る事が出来る訳です。

関連記事
トリキュラーの副作用にはどんな症状がある?

トリキュラーは、レボノルゲストレと呼ばれる黄体ホルモン剤と卵胞ホルモンと呼ばれる卵黄ホルモン剤の配合剤であり、ホルモン配合量の異なる3種類の薬剤を飲み分ける三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルには、月経サイクルの中間に黄体ホルモンが増える中間増量型と月経サイクルの後半ほど黄体ホルモン量が増える漸増

2020年03月04日
不倫の時に気にしておきたいゲスターゲンとトリキュラー

もし不倫をしているのであれば、やはり妊娠は避ける事、これが最低限必要な事だと言ってよいでしょう。確かに出産できる場合もありますが、そうではなくやむを得ず中絶を選択しなければいけなくなる事もあるからです。中途半端な状態での妊娠は避ける、これはとても重要な事だといえます。そういう時にも便利な物の一つがピ

2020年01月26日
トリキュラー購入に必要な費用について

トリキュラーをはじめとする低用量ピルの購入はその使用が避妊目的であろうと、治療目的であろうと医療機関への受診が必須となります。そもそもトリキュラーは日本で処方薬として扱われているため、どうしても購入の際には医師の処方が必要になってくるのです。通常であれば産婦人科や婦人科など、トリキュラーの取り扱いを

2019年09月13日
トリキュラーは重い生理痛は解消できるか

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、重い生理痛や過多月経などの症状を解消していくことができます。そもそも、生理痛が重いという症状、月経時の血液量が多くなるという症状は子宮内膜が過剰に増殖することで引き起こされていきます。子宮内膜は生理前の段階でエストロゲンという女性ホルモンが分泌されることによっ

2019年11月18日
避妊や生理のトラブルを軽減するトリキュラーを中止すると

トリキュラーは避妊効果を発揮する低用量避妊ピルで正しく服用すればほぼ完全に避妊をすることが可能です。トリキュラーの低用量ピルには3つの働きがあります。まず1つ目は、女性ホルモンが脳下垂体に働きかけて卵巣にある卵子の成熟を妨げることによって排卵が起こらなくすることです。2つ目は子宮内膜を厚くしないので

2019年10月19日
黄体ホルモン付加リング(避妊リング)について

こどももいるので、今後出産は考えていない人や、しばらく期間を開けたいという方の避妊法として、低用量ピルや子宮内避妊用具などがあります。低用量ピルは手軽ですが、毎日飲む必要があります。子宮内避妊用具(リング)は一度入れると2年から5年は入れたままで大丈夫です。たばこをよく吸う人などはピルの服用ができま

2019年09月21日
日本産科婦人科学会とは

日本産科婦人科学会とは、1949年に日本婦人科学会と産科婦人科医学会が統合して、日本産科婦人科学会となりました。ここでは、産婦人科専門医になる為の技能と知識を学べ、専門医認定試験等を行っている学会です。女性医師を目指す女性を支援しており、より女性医師の発展を目指しています。この学会が指定する病院の産

2019年09月17日
トリキュラーによる女性特有のガンへの作用について

トリキュラーの、第1世代は卵胞ホルモンエチニルエストラジオールに合成黄体ホルモンノルエチステロンを配合したもので、第2世代は卵胞ホルモンエチニルエストラジオールに合成黄体ホルモンのノボノルゲストトレルを配合したものです。トリキュラーを月経開始直後に服用すると、少量の卵胞ホルモンが血液中に含まれること

2019年09月12日